Interview

- インタビュー -

地元の公園が好きだった

アーバン営業部 神戸支店 2016年入社

田村 昂平(28)

地元の公園が好きだった

アーバン営業部 神戸支店 2016年入社

田村 昂平(28)

現在の仕事内容は何ですか?

写真・遊具・ベンチなどの公園資材やフェンス・転落防止柵などの土木資材の営業職をしております。顧客に対しては、物件に関する訪問を行い、受注活動をしております。また、役所に対しての製品の提案なども行っております。 営業活動だけでなく、現場での施工管理もします。メーカーへ材料納期の確認、職人さんとの工事の段取り、現場での工程打合せなどを行います。 事務所での仕事は、主に見積書の作成をします。また、材料の発注や工事写真の整理などもしております。

仕事の魅力・やりがいは何ですか?

取扱い商材が多いので様々な角度で顧客ニーズに対応できることです。「もう少し金額が安い商品は無いのか?」「材質が鉄ではなくアルミ製で同規格の製品があるのか?」などの顧客の要望に対して知識を増やすほど、代替案を提案できます。 また、公園や施設に自身の成果が物として残るので達成感があります。プライベートで訪れた際のちょっとした自慢話にもなります(笑)

辛かったことは何ですか?

建築現場の外周フェンス工事にて工期内で竣工できなかったことです。 材料納期・工程管理を細かい部分まで打合せできておらず、現場に迷惑を掛けたことがありました。顧客とメーカーと職人さんなどの協力があって現場を進めていくうえで、自分自身の軽率な判断で関わった方々にご迷惑をお掛けしてしまいました。最終的には、先輩方からのアドバイスを貰い、元請と再度工程の打合せをして納めることができました。 現場が始まるまでの事前処理が重要な仕事だと実感しました。

先輩や上司・取引先のお客様などに言われて嬉しかった事は?

某こども園にて壁掛けの時計を納品した際に、園長先生から「立派な園のシンボルが出来て嬉しいです。ありがとうございます。」と言われたことです。 特注の壁掛時計で盤面に園のマークが入った1点物をメーカーと園長先生と打合せを行い納品しました。相手の要望に対して、提案を行い評価されたのが実感でき自信に繋がりました。

後輩へメッセージ

どんな些細なことにでも挑戦してみて下さい。やってみないと分からないことだらけです。心配事があれば手助けして下さる先輩方がたくさんいます。最初の内に分からない事を聞くことは恥ずかしいことではないので、何でも先輩方に相談して自身の力に変えていって下さい! 働いていて感じますが、自分の姿勢次第で必ず成長できる環境だと思います。 一緒に働ける仲間が増えることを待っています!

田村さんの1日のスケジュール

8:10 出社
10:00 事務処理(見積作成・資料整理)
11:00 役所訪問(各部署への営業活動)
12:00 昼休憩
13:00 現場打合せ(現場事務所へ訪問・現場実測)
14:30 顧客事務所訪問(受注物件の打合せ・新カタログ提出)
16:00 事務処理(見積作成・翌日の準備)
17:30 退勤

お問い合わせ

Contact

些細なことでもご不明点がありましたら
お気軽にお問い合わせください